昔から行われてきた男性の悩みである薄毛を解消する植毛技術。
これらの仕組みはご存知ですか?現在ですと2つの仕組みに別れていて、男性ホルモンの影響を受けにくく薄毛になりにくいといわれる後頭部と側頭部の毛を利用した手術と、人口毛を使用した手術があります。


前者は自分の毛を使用するので定着率は高く95%以上といわれ、その後も成長を続けるので至って自然な毛に見えるのです。

こちらは自分の毛なので拒絶反応が起こることがない為といわれています。

植毛方法も多数あり、有名なものですとニードル法というグラフトを特殊な針で植えてく手術。

ダイレクト法という毛包ごと吸引して髪を採取して、チューブパンチと呼ばれるもので植える手術。

植毛 値段が有名になってきました。

ストリップ法という後頭部のやわらかい皮膚からグラフトを採取し移植する手術等、病院やクリニックによって方法はさまざまです。


後者はモダアクリルやポリアミド短繊維等の人口物の為、前者に比べ定着という概念はありません。拒絶反応等の為抜けてしまうともう生えない為、再度植える必要があります。



また、手術での植え方も大まかに2種類あり、人口の手作業で植える方法と機械に植えてもらう方法で分かれます。



現在では人の手により行われる植毛手術の方が増えているそうです。


後者の機械で植える方式はパンチグラフト方式と言われ、以前では毛穴に数本を植えるのでまとめた周囲の毛がつぶれてしまい植毛の意味を成さない場合があったりと問題がありました。今は少なくなりましたが、以前は頭皮にメスを入れて直接埋め込むという方法があり、こちらのフラップ式植毛手術の仕組みでは傷跡が残ってしまったり、頭皮が壊死してしまう等の問題がありました。